ブログトップ

Shining of my life

shining69.exblog.jp

~69,95カマロとガレージハウスで送る My life~

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3月の終りからスタートしました 『4thカマロのエンジン載せ替えプロジェクト』

まずはここから始まって
f0234636_9252668.jpg

エンジンを降ろす準備をし
f0234636_9312100.jpg

エンジン降ろして
f0234636_9352111.jpg

69カマロに載せてあったエンジンを降ろして
f0234636_9402369.jpg

元々付いてたミッションとドッキング
f0234636_9453087.jpg

そしてエンジンを載せて
f0234636_11224160.jpg

改造してもらったハーネスを交換
f0234636_1833781.jpg

で、ハーネス、配管などを元通りに
f0234636_13145636.jpg

このあとコンピューターとのアクセス地獄…。
f0234636_13254669.jpg


まずエンジン掛からないから始まってー。

掛かったら掛かったで激しいアフターファイヤー地獄…。

クーラントのエア抜きがなかなか出来ずにオーバーヒートしそうなったり。

突然メタルが逝ったかのようなエンジンからの異音。

電動ファンが回らない。

他にもたくさん色んなトラブル(ミス)もありました…。

途中、これはダメだと思いもう一度エンジンを降ろしてバラして自分のした作業を確認したり
1ヶ月もかかって、やっとの思いで走るようになったGW。
f0234636_857029.jpg

走れるようになったらなったでサイドブレーキワイヤーをフリーにしていた事を忘れて走ってドライブシャフトに巻き込んでしまったりして、環状線を けたたましく激しい音を出しながら片道3車線の道をホーン鳴らされながらもトロトロ走ったのは今でも苦い思い出。(苦笑)

殆んどのトラブルに起因をするところ車が悪いとか部品が具合い悪いとかはでは無く、不具合の全ては僕の無知や作業ミスでした…。

まぁ何もかも初めてだったので本当に勉強になりましたね。

そんなこんなで一般道の試乗&テスト&ナラシを終え最後の確認作業を美浜サーキットで行いました。

色々さわると前回より何が良くて何が悪いとか分からなくなるので、前回とタイヤ、足回りのセッテイング他、何も変更をしませんでした。
f0234636_11245455.jpg


【1本目】
少しずつ回転のリミットを上げて自分の五感を全てフル活用しながら異常が無いか確かめます。

【2本目】
1本目で特に問題なさそうでしたのでタイムアタックするも高い目に振ったタイヤの空気圧を大きく外しタイヤが全然グリップしない…。
ピットに帰って空気圧をチェックしたら2.7もあった。(←アホやな…。)
1本目終わりで空気圧を温間と判断したのがまずかった。(でもこの時点で前回のタイムと同等レベル)

【3本目】
各部チェックとタイヤエアー調整をしてから再タイムアタックしました。


3月末から仕事が休みの土日やGWは殆んどこのプロジェクトに費やしましたので、成果が無ければ何をやってかた全く無駄になるわけで正直に言って結果がかなり不安でした。

エンジン自体は間違いなく遅くなってますが、その分乗り易さ、扱い易さでは良くなってるので
それがどうタイムに影響するのかな?と…。

結果、前回よりLAPタイムも少しですけど短縮出来て、かなりご満悦なワタシ!
f0234636_11182544.jpg


あとは今回の問題点として僕の選定が悪くてブローバイのホースが細すぎたのか、ディップスティックのエア抜き穴から少しオイルが吹いてしまう事。(通常走行、高速道路走行では問題なし)
オイルパンのオイルレベルセンサーから少しオイルが漏れる事。

この2点を修正なり部品交換をして一先ず 『4thカマロのエンジン載せ替えプロジェクト』 は完結です。

次回からはタイヤの選定(スペアホイールが無い為、Sタイヤかハイグリップラジアルか迷うところ)と、
タイヤが決まれば足回りのセッティング編になります。

バイクならね、そこそこの事は分かるのですが車での足回りセッティングは初めてなので、
また試行錯誤の日々が続くのかな…。

とにかく頑張ります。

それから僕もすでにエントリーは済ませていますが 7月15日(日)に
HONEY CUP ラウンド2 が 美浜サーキット 貸切 で行われます。

歯を食い縛って目を三角にして汗だくで走るのも良し。(←僕はコレと)(笑)
自分の車の調子を確かめつつ人と車との一体感を楽しむのも良し。
次のモデファイをする為の参考にするのも良し
仲間内で酒のつまみのネタ作りにも良し。(←コレが一番大きい)(爆)

とにかくレギュレーションとか無いので自分が楽しめればそれでOK。

家族や友人と一緒に来られても入場料は無料ですしBBQも出来ます。

エントリー について

興味が有るけど不安な方はエントリーする前に相談しては如何でしょうか?

僕も始めてのエントリーですごく楽しみにしています。

以前から雑誌でしか見た事がない方々や、Webの動画でいつも楽しそうだなぁと指を咥えて見ていた方々と
一緒に走れると思ったら本当にワクワクしますよ!
[PR]
by shining69 | 2012-05-16 11:04 | 95CAMARO (4th)
前々回のブログの記事で 『配線引き直し作業の果てに…。』 ノーマルコンピュターとのアクセスに挫折をした話を書きましたが、今回は LT1 Edit というソフトを使って再チャレンジをしました。

これも前回と同じくOBDⅡのポートとPCを繋げてFlashで読み込み書き込みを、編集ソフトでプログラムを編集という形でしたがソフトそのものが全く違うと操作もぜんぜん違う…。

元々パソコンとか得意な方ではなく、そこら辺のオッサンが勢いだけでやってるようなものなので、何をやるのも
相当簡単にはいきません。

延べにしてこのコンピューターとのアクセスと戦いだして何日になるのでしょうか…。

やっとの思いでアクセスに成功しました。(笑)
f0234636_963820.jpg


アクセスさえできれば後はこっちのもんですね。(笑)

VAT'S(Vehicle Anti-Theft) セキュリティの解除やサーキット走行に不必要な TRC トラクションコントロールのOFFなども全てそれぞれの画面で指示すればそのようになります。(M/TのCAGS (Skip Shift) など等の解除や他にもたくさんの項目クリック2回で出来ます。)


もちろん前の設定に戻したければセーブしてあるファイルをまた読み込めばノーマルにも戻りますよ。

あと空燃比などのセッティングは例えば GRID から発売されているデータロガーなどと併用すればエンジンの要求する燃料を供給する事が可能になります。

詳しくは空燃比計・LM-1内蔵データロガーの活用に書いてありますね。

例えば上記のページで書いてある項目の1つの中で

■2410回転からの加速を比べます
2410回転から4820回転までは、「セッション1」、「セッション2」とも同じ加速です。
空燃比は13前後と14前後ですが、この回転域では空燃比の差が加速に影響しない事がわかります。
燃料は少なくてもパワーは同じなので、空燃比を薄くする事ができます。無駄な燃料を消費しなくてすむので、燃費を稼ぐ事ができます。
f0234636_10373418.jpg


と、ありますが仮に LT1edit を使用してセッテイングするとなると?
2400回転から5000回転を燃料のマップ上で指定して仮に1割燃料を薄くするとして100%→90%と指示をし、後は実行すれば下の動画のようにパラパラとマップ上の数字が指示したセルのみ変化していきます。


どうでしょうか?
後は、この変更したファイルを車両側のコンピュターに読み込ませればOK。

回転おきに不必要な燃料を減らしたり必要としている回転域では燃料を増量することが可能になります。
まぁ実際はもっと空燃比でも色んな要因があるのでこんなに簡単なものじゃないのでしょうけど。

やっと自分がしてみたい事の入り口に立つことが出来ました。

あっ、でもキャブがどう、インジェクションがどう、って言ってる訳じゃないですよ。

通勤で乗ってるバイク(Dトラッカー)はキャブを FCR にしてますしね。(直キャブ)
最近加速ポンプの調子が悪くてダイヤフラムとか交換しても何かイマイチで悩んでますが…。
こういうのも何だかね。楽しいです。(変ですか?)

今まで知らなかった事や、出来なかった事がすこしづつでも出来るようになってくる喜び。

ホントにねぇ。
何一つとしてスムーズに事は運ばないのですが、着実に一歩一歩階段を登ってる感覚はあります。

一先ずは7月15日美浜サーキットで行われる HONEY CUP ラウンド2   にエントリーをしているので
そこで満足な走りが出来るように車を仕上げないとね。 (スゴく楽しみ!)

秋には僕1人での挑戦でありますが…。
おそらく 4thカマロプロジェクト の最終章になろうかと思います。(69カマロに集中したいので)

それまでにはこの4thカマロの前輪後輪が自分の手足になるように慣れて、ドライビングテクニックも習得して、ガチで踏んでやろうと思っていますよ。

玉砕したら笑ってください。

お楽しみに。(笑) 
[PR]
by shining69 | 2012-05-11 13:10 | 95CAMARO (4th)
エンジン掛かってます。

前々回のブログの記事で 『エンジン載りました。』 と報告させてもらっていましたが…。

その後に、そりゃぁもう… 色々あって…。

あれからもう一回エンジンを降ろしてまた載せてます。 (苦笑)

結果として後から考えるとエンジンをもう一度降ろす必要は無かったのがまたまたお笑いなのですがね。

なにぶん初めてな事ばかりでしたので色々失敗もありました。
f0234636_99890.jpg


2回目エンジンを載せてからは順調に進んで、ナラシがてら近場を あっちウロウロ こっちウロウロ してましたよ。
f0234636_857029.jpg

ある程度走ったら下回りをチェックしてオイル漏れや各部の増し締めチェックもしましたが、オイルパンの
オイルレベルセンサーから少しオイル漏れがあったぐらいで後は問題無し。 (センサーは部品発注しました。)

あと普通に乗るのには問題が無かったのですがサーキットでのみシフトミスをしそうになったので、ミッションのマウントとトルクアームのブッシュEnergy Suspension Torque Arm Bushing を交換。

その他にハーストのショートストロークのシフターもノーマルのシフターに戻しました。
f0234636_90272.jpg

で、乗ってみた感じ。  シフトの感じはが、すこぶる調子よくなりました!

前回のサーキット走行でショートストロークも縦だけの動きだけなら悪くは無いのですが、横にもショートなので例えば2速→3速、3速→2速が気を付けていないと1速や4速に入りそうになったりしていたのです。

僕は例えばサーキットでコースインしたら余計な事を一切考えて走りたくないので、少しでも不安に思う箇所や
いつも気を付けていないといけないような動きは全部排除したい。
それがシフト操作のコンマ何秒のデチューンになったとしても、自分の車のタイヤと路面とのグリップだけに集中して走れるのならそっちを選びます。

まぁこの辺は人それぞれ色々な考え方があると思うし、これはあくまで僕の好みなんでショーとストロークのシフターが悪いって言っている訳では無いですよ。

取り付けたい方はどんどん付けちゃってください。(笑)

あとシートベルトもノーマルで首に食い込んで痛かったので5点式のシートベルトを取り付けました。
Simpson Camlock Driver Restraint Systems Harness, Complete, Camlock, Individual-Type, Bolt-In, Floor Mount, Platinum
f0234636_9124341.jpg

別にJAF公認競技に出るわけでもないにでFIA規格とかいらないし、アメ車だったらやっぱりシンプソン!
通常、黒、赤、青が多いですがこれは灰色じゃあありませんよ。 名前の通り 『プラチナ』 色ですから。(笑)

悪名高きバブル世代のクセなんですかね。
プラチナとか高層、夜景、限定、シーサイド…。 いつまで経ってもこんな言葉に弱いです。

エンジンの方はとりあえずノーマルコンピュータで動いてるってだけなんで、前のエンジンから比べたら
当たり前なんですが 『クソ遅ぇ~』 って感じです。

下は前よりいいかな?って感じですが、中間からのモリモリ感など無くて至って普通。
誰かに 『エンジンどう?』 と訊ねられても 答えは一つ 『普通』

まぁ、前のエンジンのヘッド( AFR )とノーマルヘッドと見比べたら悲しくなるほど何もかもが違う。
他にもエンジンを構成するパーツが殆んどにおいて違いますし、良いパーツは全て69カマロの方に投入しますので納得済ではあるものの少々悲しかったりもします。

後は今、発注している LT1 Edit が届いて点火時期や A/F 空燃比メーター MTX-L
を見ながら燃調をセッテイングしても劇的には変わらないでしょうね。



これで一応、エンジン周りに関しては一段落。

これからはタイヤ、足回りと進めていくつもりですがアレもコレもと変更点が多いと何が良くて何が悪かったとか分からなくなるので、まずはこの状態で1度美浜で走ってみたいと思っています。

それから、この1ヶ月に渡りエンジンの積み替え作業で特急でパーツの加工をお願いをしたにも関わらず
快く作業を引き受けて頂いた TFX motor の冨田さん、ECMとのアクセスで困ってる時に大事なPCを貸していただいた tryarts さん、大変助かりました。有り難うございました。

配線やコンピューター周りの加工でお願いをしたKさん、もう本当にドタバタで あーでもない こーでもない
とストーカーまがいに電話をして申し訳ありませんでした。
電気は目に見えないし根っからのアナログ人間なんで本当に苦労しましたが、この一連の作業で随分自分も
スキルアップしました。
あと燃調のセッティングを残すのみとなりました。頑張りますので懲りずに宜しくお願い致します。
(厚かましいですが信頼していますのでよろしくお願いします。)

最後に、この4thカマロを購入するに至った原因でもある 『悪魔のつぶやき王子』 こと Tくん。
エンジンを降ろす時、載せる時、ブレーキのエア抜き、他諸々の作業で事ある度に呼んで手伝ってもらいました。
本当にありがとう。感謝してます! 
『エンジン(メタル)が逝ったぁぁぁ~』 と思った時… 2人で呆然… 悲しかったね…。 (爆)
[PR]
by shining69 | 2012-05-07 14:33 | 95CAMARO (4th)