ブログトップ

Shining of my life

shining69.exblog.jp

~69,95カマロとガレージハウスで送る My life~

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

前回でエンジンが載るまでは出来ていましたので、今回は配線の引き直し作業から始めました。
f0234636_13133763.jpg

酒を飲むと昨日の行動すら覚えてないワタシ…。

そんなワタシが何週間か前に外した配線の取り回しなど覚えられないのは容易に想像がついてましたので
写真をたくさん撮り溜めたものをプリントアウトをして自分の記憶と照らし合わせながら進めていきました。
f0234636_13145636.jpg

室内側は2柱リフトでドアが少ししか開かない上に、シートも外しておけば良かったのに
外してなかったので作業は全て 『イナバウァー』
f0234636_108439.jpg

激しく後悔しつつ頭に血が昇るのと、腰&背中痛と戦いながら何とコネクターも全部やっつけましたよ。
f0234636_13163254.jpg

f0234636_1317733.jpg

後は車両側のECMとJET-DSTを介しアクセスしてキャリブレーションをしようと思ったのですが…。
f0234636_10123225.jpg

こっちのPCと同期しない。 最初はが怪しいと思っていて、COMポートも確認したり
f0234636_1321099.jpg

デバイスマネージャーで認識してるかも確認するも問題なし。

DSTのコンバータも12V電源を示す赤いLEDは点滅してる…。

もしかして自分の配線やコネクターの接続ミスも考えられたので T君の ipadでECMをモニターできるか試して見ればと思い T君に相談すると急な話なのに会社までipatを取りに行ってまでガレージに持ってきてくれました。
(PLXからwifiでとばしてipadなどで見れてロギングも出来ます。)
f0234636_13183978.jpg

で、接続してみると
f0234636_13194828.jpg

ちゃんと認識して各センサー類からの情報も上がってる…。

それでもJET-DSTは新品なんで、こちら側の環境が悪いのかと考えRS232CとUSBの変換ケーブルを
使用するのではなく直接シリアルポートに接続してはどうかと。

だけど今のPCって232Cのポートなんて無いんですよね。

で、悩んでたらちょうど友人達との飲み会があって (若干1名、飲み会開始1時間で撃沈しています。)(笑)
f0234636_1143498.jpg

その場所で、こうして困ってると話をしたら我が家の看板ワンオフのステッカーを作ってもらったり、良き飲み仲間で友人のtryartsさんが、4L60EのA/Tミッションでシフトポイントを変更するために持ってたPCを貸してくれることに。

早速、次の日にPCを借りて接続するも 『ノー レスポンス』…。
f0234636_1324720.jpg

僕の周りの方は皆、レスポンスが超イイ!のに こいつときたら何やっても 『ノー レスポンス』…。
(この辺でかなり心が折れそうになってます。)

PCとの相性もあるのか? 詳しい方の情報では IBMと hpのPCは実績があるとのこと。

でもこっちもIBM なんだよね…。

ただ tryartsさんからお借りしたPCが小型のPCで232CのポートなどPC本体に接続するタイプで
f0234636_13292888.jpg

もしかしたらそれも相性があるのかな?と

ならばIBMで本体に232Cのポートが付いてるものを Kさんが持っておられたので
f0234636_13305168.jpg

そのPCでも試してみようってことになってPCを貸して頂きガレージがこんなことに…。
f0234636_13254669.jpg

ちなみに69カマロに使用する為に取ってあるHolleyのコマンダーではちゃんと認識して
読み書きできる事を念には念をということで確認。
f0234636_13434670.jpg

ちゃんとRetrieve ECU Data も Send ECU Data も出来ました。

そして最後のお願いをして念じながら接続をして…。
f0234636_13271553.jpg


もーーーーー…。
f0234636_13453681.jpg

で、挫折…。

これだけやってダメだったので、もう策も無いし (書ききれませんがもっと他に色々試行錯誤しながら試しました。)
これは JET-DST の初期不良と判断。

格安で譲って頂いた方に連絡をして事情を話すと、また引き取って頂けるようになりました。


ノーマルのECMでも走れない訳ではないのですがね。

エンジン自体はノーマルなのですが、LT4のカムや1.6レシオのローラーロッカーなどは入ってますので
確実に燃調など狂いますし、点火時期も LT1 はデスビを回して調整出来ませんので何とかしたいところ。

あとはトラクションコントロールを外すとか、M/TやらA/Tの安全装置の信号とか非常に面倒なんです。

なので今回は潔く敗北を認め、もう動いているのですが次のステップにすでにシフトしています。

G/Wにガッツリとセッティングに明け暮れる予定が無理になってしまいました。

そうそう何でも上手くいくはずもないのでしょうが…。

こうやってドタバタする度に周りの方に多大な迷惑をお掛けすることに (また良くして頂けるのが)
非常に恐縮している次第であります。

僕も何かの時は皆に頼ってもらえる人間になりたいと思っていますので今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by shining69 | 2012-04-24 13:33 | 95CAMARO (4th)
先日、美浜サーキットにてドタバタ珍道中な テスト走行 をしましたが、その際に気になった事の1つにブレーキがあります。

何かね、ブレーキが引き摺ってる感じがしたのです。
実際に歩くスピードぐらいからクラッチを切って惰性で止まる感じにすると グッグッっとローターが
振ってる気がしてフロント右から ゴッゴッと音がする。

ホイールベアリングとか諸々チェックしたのですが、そう悪くはない。

ちょうど TFXさん に69カマロのエンジン用に取り付ける為のウォーターポンプの加工をお願いしたかったので
電話をすると用事で近くに行くからと僕のガレージに寄っていってくださるとのこと。

ついでにフロントのブレーキローターを持って帰ってもらってチェックしてもらう事にしました。

その際、TFXさんに 『後ろってことは無いよね?』 と言われましたが

僕: 『間違いなく前から音がしてました。』 (キッパリ!)

で、依頼していたローターは、そんなに振ってなかったようですが万全を期するために研磨してもらい
ました。 
f0234636_10534650.jpg

うーん。 いまいち解せないな。

じゃぁ後ろなのかな?

という訳でリアのブレーキ周りをチェックしてみると 、サイドブレーキのワイヤーが片側の動きがおかしい…。

『えー、こいつ前からとか後ろからとか分かんないのかよ!』 と、いうツッコミは御勘弁を…。

人一倍、思い込みの強い性格は、時として良い時も悪い時もあります。 (笑)


あと69カマロのエンジン用に取り付ける為のウォーターポンプの加工もお願いして
(こちらはノーマル)
f0234636_10571827.jpg

こちらが改造後。
f0234636_18365619.jpg

アルミの鋳物の溶接は難しいと前から知っていたし僕自身、鉄とステンレスしか溶接出来ないので
こういう技術のある方が身近にいるとすごく心強いです。

部品の加工が仕上がったと連絡を受け先週末に引き取りに行く予定でしたが、その前日にまたまた問題…。

僕は69カマロにオルタネーターをローマウントで取り付ける予定で、それ用にロッカーカバーを
購入していたのですがAFRのヘッドがサイドボルト (僕のはセンターボルト) なので使えず
では今回積むエンジンに使用しようとしても95カマロのオルタネーターの位置では干渉してしまって取り付けれないことが発覚。

これもまたTFXさんにお願いして急遽加工していただく事に。

この急遽というのがポイントなのですが、僕なんかのサラリーマンは当然、休日しか車を触れないので
予定していた作業が出来ないと非常に困るんですよね。

『別に納期が決まっている訳でもなければ、仕事でもないのですから困ることないんじゃないの?』

と、思われるかもしれませんが、逆に仕事じゃないから いつでもよくなって作業の目標がズレて行くほど
モチベーションも下がってきてズルズル、ダラダラになってしまいます。

なので、こうやってヤル気全開の時に足止めを食らわずに作業を進めれるって非常にありがたいのです。

あと普通に加工屋さんとか溶接屋さんとかでは、『寸法は?』 『図面は?』 ってなったり、部品そのものの
使途、用途から説明とかからなのですが、車屋さんで加工も出来て溶接も出来る方TFXさんなら話は早いです。

前に付いてたロッカーカバーと見比べて切り欠く部分をマーキング。
(一番奥のノーマルカバーは念には念をということで冨田さんが持ってるLT1から外してきてくれました。)
f0234636_10263317.jpg


そしてマーキングに合わせてカットをして
f0234636_1034151.jpg

カット完了!
f0234636_1034584.jpg

あとはブローバイを抜くパイプも僕の言った径、形状で即、製作してもらい
f0234636_10405090.jpg

持参したオイルのフィラーキャップをねじ込むボスも含めて溶接してもらいました。
f0234636_10432592.jpg

そして出来上がりです♪
f0234636_10454652.jpg

で、実際に取り付けてみて…。
いい感じのギリギリ度でちゃんと逃げてます。
f0234636_14232979.jpg

こういう所、ちょっと細かい僕が何度見ても秀逸な出来栄えで大満足!

急なお願いでしたが快く作業を引き受けて頂き本当に感謝です。 ありがとうございました!

この後、エンジンメンバーのボデイ接合部の位置決めピン、それとラック&ピニオンとステアリングコラムの
ユニバーサルジョイントとの壮絶なる戦いに勝利をして収まるべき場所に収まったエンジン。(爆)
f0234636_11224160.jpg

見る方が見れば分かるでしょうか?
f0234636_13274974.jpg

エンジンのメインハーネスが丸ごとありません。
もちろんコンピューターもしかるべき位置にありません。

ふふっ。(笑)

少し前から始めた4thカマロの作業も今週末で大詰めを迎えようとしています。

コンピューターや電気関係に滅法強い Kさん に依頼をしていたハーネス加工も仕上がって準備万端。
f0234636_1833781.jpg

こちらも今週末の作業に間に合うように無理を言って加工してもらいました。

ここからは自分のメインのパートですからね!
自分がグズグズ、トロトロしていられる訳がありません。

地獄のハーネス引きと言われようが何だろうが (そんなもん言われなくたって コレ 見りゃ分かっっとる!)

絶対にやり遂げて、来週に良い報告が出来るように頑張りますよ。

お楽しみに。 (笑)
[PR]
by shining69 | 2012-04-17 19:31 | 95CAMARO (4th)
先週から始めたエンジン降ろし作業の進捗状況です。

足回り、サスペンションメンバーをボディから切り離す手前まで来ていましたので
切り離し、エンジン、メンバーごと下に落としました。
f0234636_9352111.jpg

ドンガラになった95カマロ
f0234636_9371466.jpg

そしてせっかく69カマロに積んであったエンジンをまた降ろしてるの図。(笑)
f0234636_9402369.jpg

ただ、このエンジンは95カマロと同じLT1ですがフロントデスビやウォーターポンプの駆動部など
殺してあってタイミングtェーンをダブル (ノーマルLT1はシングルチェーン)にしてあるので
フロントカバーを含め内部を全て組み替えないといけません。
あと写真はありませんが96のコンピューターを使用したいのでクランクにマグネットピックアップも追加しました。
f0234636_9421616.jpg

そしてエンジン本体を丸っと載せ替えた後は、インテークマニホールドに始まりオイルパン、クラッチ周り、フライホイール、ヘダース、デスビ、スロットルボディなどを組み替えて
f0234636_9441373.jpg

ミッションは元々95カマロに搭載されていたものを使用することにしました。
f0234636_9453087.jpg

このエンジン、メタルやリング類も新品ですし今回各部を組み替えるにあたり
各パッキン、ガスケット類なども全て新品にしましたので、元々のエンジンよりスペックは低いものの
安心仕様になっています。(笑)

で、あとは載せるだけまでに持ってきたのが先週末までの進捗状況です。

何とかGW明けまでにはエンジンのセッティングを終らせ、ちゃんと走れるようにして足回りのセッテイングを
煮詰めたいですね。

あと最近、色んな方に言われるのですが

『95で走るのが楽しくて69に目がいかないのじゃないの?』 とか

『1個目のプラモデルがまだ完成してないのに2個目のプラモデル買うか?』 

などと言われましたけど…。

まず僕の本命は何たって ”69カマロ” です。 これだけは絶対に揺るぎません。

95カマロでサーキットを走って自分に走行スキルをつけるのも、足回りのセッティングを勉強するのも、
ノーマルコンピュターとJET DST を利用したエンジンの制御方法の新たなチャレンジも全て69カマロにフィードバック出来るからやろうとしているだけなんです。

なので95に載ってたお宝パーツは全部69の方に持っていってますよ。

あと、プラモデルがどうのこうのって話はパーツをニッパーで切り離して接着剤で貼り付け
実際には走らない模型に例えられても論外ですし、同じ土俵で意見の交換をする気すらなりません。

自分が出来る事を精一杯やった後に実際に走ってみて自分が満足出来る69カマロを作るのが
僕の目標であり夢なのです。

僕も知らない間に今年で46歳…。

老眼もどんどんヒドくなっていくし、大好きなアイスクリームも歯に凍みて食べるのも億劫になったり
身体能力の低下を如実に感じる今日此の頃…。

今以上の目標を新たにチャレンジするには難しいと思っています。

だからこそどうしても69カマロのレストアは絶対に成功させたいんですよね。

なので 69カマロ の方は 『大胆かつ慎重に』 をモットーにボチボチ進めていきますよ!


それから週末の夜は I さん主催の 夜桜会に行って来ましたよ。

あいにくこの日寒の戻りが超キツくて激寒でしたが…。(笑)

楽しい時間を過ごさせて頂きました。
f0234636_9494094.jpg

準備や後片付けなど大変だと思うのですが、いつも甘えてばかりですみません。

来年は桜のライトアップも出来ると良いですね。(笑)

ということで来年も参加で宜しくお願い致しますっ!
[PR]
by shining69 | 2012-04-10 11:36 | 95CAMARO (4th)
先週、美浜サーキットで試運転をしましたが…。 

(youtube動画のUPの仕方が悪いらしく画像が悪いと指摘を受けたので(笑)再UPしました。)

その翌日にはエンジンを降ろす作業に着手しました。

ぎゅうぎゅう詰めに詰まったエンジンルーム。
しかもエンジンが半分近く室内側に入り込んでいる、言わずと知れた超整備性が悪いといわれる4thカマロ。

見るから作業が難航するのは必至。 まず覚悟を決めて作業に臨みました。
f0234636_9252668.jpg


作業前に用意したのはまず 『荷札』 ですね。
キャブ車と違いセンサー類のコネクターなどが沢山ありますので、後で分からなくなっても嫌ですし
荷札を付けるのが面倒でも 『あれっ、これ何処だったかな?』 と考える時間よりは、明らかに簡単な訳で。
f0234636_9144686.jpg

こんなふうに1つづづ番号でも名称でも書き込んで付けていきます。
f0234636_9182944.jpg

初めて触る車、初めてする作業では段取りも悪く上から下からと、あーでもない、こーでもないなどと
言いながらの作業なんで、やっぱりリフトがあるとすごく楽ですね。
f0234636_9312100.jpg

たかだかホースバンドなどにもアクセスしずらくてイライラしつつも順調に作業を進めていきましたが
f0234636_97353.jpg

フューエルレールとフューエルホースの接合部の外し方が分からず、色々やってもどうしても取れない…。
f0234636_959423.jpg

詳しい方に相談すると専用の工具が必要との事で貸してもらい部品を壊すことなく無事に外しました。
まぁ、行き当たりばったりで作業をしてるとこういう事も多々ありますが、2回は借りるのはどうかな?
なんて思いますので他の部品をオーダーする時に一緒に注文しようと思っています。

ちなみに今回使ったのはコレですね。
OTC 7363, 4 Piece Ford Chrysler GM Fuel Line Disconnect Set
f0234636_10145857.jpg


まぁこうして個人で車をなぶって全体公開のブログなんかやってますと、時として中傷の対象に
なってしまったりしますが決して悪い事ばかりではなく、大変有り難い事なんですが良くしてもらったり
手を差し伸べて頂いたりと感謝してもしきれない事も沢山有ります。

そうやって良くして頂ける方々に技術的に何かをフィードバックするということも僕なんかの素人には
出来ないかもしれませんが69カマロも含めキチンとちゃんと走って結果を残す事、そしてその時のデータ
などを返せることが僕に出来る唯一の恩返しかなと思っています。

作業の方ですが、あとはエンジンをエンジンルームの上から抜くのはスペース的に無理があるので
サスペンションメンバーごと落とす格好になります。

最後この足回りを切り離せば、ほぼエンジンごと下に落とせるまでは出来ました。
f0234636_9202866.jpg

今週末にはエンジンを降ろしてゴールデンウィーク明けぐらいには再始動したいと思っていますよ。

目指すは 7月15日の ハニーカップ

どうしてもタイヤを交換してから足回りのセッティングがしたいし、気になる所を修正してチェックもしたい。

やっと仕事も少し落ち着いたので、これから自分を追い込んで頑張ります!


それから、あとすごく嬉しい事がありました。

僕たち夫婦で結婚式に招待してもらいました。
f0234636_921537.jpg

古くからの友人 I 君。 もう結婚せずに悠々自適に生きていくのかなと思ってましたが…。
去年の年末に我が家に彼女を連れて挨拶に来てくれたんですよね。

僕の ドン底時代 を知る少ない友達の1人

東京に呼んでもらって良くしてくれたことは今でも忘れてないよ!

I 君おめでとうな! 俺、ほんとに嬉しいわ。

結婚式呼んでくれてありがとう。
もちろん喜んで夫婦で出席するよ。

『俺、めっちゃ気合入れて行くわ!』

当日、酔いつぶれたらごめんな。

先に謝っとく。(笑)
[PR]
by shining69 | 2012-04-04 11:23 | 95CAMARO (4th)
何だか暖かくなったり寒くなったりで、いまいち春爛漫って感じはしないですが桜もボチボチ咲いてきましたね。

この桜のシーズン、様々な方も節目のシーズンでもあると思うのですが自分にとっても結婚や引越しなど3月にしたこともあって特別な時期でもあるのです。

このブログを始めてからもちょうど2年になります。
2年前の花見シーズン。 アメ車つながりの知り合いなど殆んど無くて1人でブラブラしてました。
f0234636_13105676.jpg


あの時に、4thカマロを走行会&街乗りで手にするなんて思いもしなかったですが…(笑)

自分のブログも客観的に読み返してみて、分かったような事やちょっとしたウンチク、講釈など書いていますので

『本当にこいつ やれんのかよ?』

なんて思った方もたくさん居られると思います。

当たり前ですよね。 だって僕自身が自分でどこまでやれるのか分からないのですから。

自家用車としては左ハンドルのマニュアル車は初めて。
いやマニュアル車自体が20何年ぶり。

サーキット走行はバイクのみで車での走行は未経験。

仲間内なんかではバイク上がりは車を乗らせてもソコソコ走るなんて言われてましたから
それがまた大きなプレッシャーに…。

本当にね。 

『俺はちゃんと走れんのか!?』

95カマロを手に入れてからずっと不安だったのです…。

で、たまたま平日に休みが取れたもんですから、週末からエンジンも降ろすことだし最後に走ってみようか。

車が本来の調子でなかったとしてもミニサーキットぐらいだったらパワーがあってもそうそう踏めるもんじゃないだろう。

とりあえず走ってみてタイムを計測しておけば、これからエンジンなり足回りなどを セットアップ をしていく一つの
物差しになるんじゃないか。

そんな思いから、会社の同僚N君も付いてきてくれるということで、美浜サーキットに行ってきました。

一応、 美浜サーキット のHPを見てから行ったのですが、なにぶん何もかもが初めてづくしで事務所で色々と教えてもらいつつピットへ
f0234636_11144623.jpg


20分おきに1クールのスケジュールで最初に走行券を買って、自分が走りたいクールの前にハンコを押してもらって、アナウンスが入ったらコースインするといった感じでした。

ひとまず冷却水やオイル、ベルトなど基本的なことをチェックして他の方の走行を見学。
(写真ではZやユーノス、カプチーノしか写ってませんが他にはシビックやレガシーなんかもいた。)

電光掲示板で走ってくる車のタイムが確認できますがカプチーノで50秒ぐらい…。
後はみんなもっと早い…。

えー。 こんな中に入って走るの…?

どうせタイヤも交換するんだから丸坊主になりかけたこのタイヤを成仏させるのにはもってこいだぜ!
f0234636_11331898.jpg

などどサーキットに行く道中で息巻いていたワタシはすっかり意気消沈…。

かれこれ1時間ぐらいは皆の走りを眺めてましたかね。

でもまぁずっと眺めていても仕方ないんで、腹を決めて走る準備をします。
f0234636_1421321.jpg


タイムのセンサーは助手席の窓にテープで貼り付けます。
f0234636_11462019.jpg

ホント舐めた野郎といいますか、実はこのテープすら持ってきてなくて事務所でテープが無いと言うと
100円で売ってもらいました。

そんなこんなで準備ができたら、他の人に迷惑かけてもいけないと思い、速い人が走らないクールを見計らってコースイン。

【1本目】

コースに慣れる為に慣熟走行。

少しづつ慣れてきたんでペースを上げていくも何だか乗りにくい…。

バイクも車も一緒だと思うのですが、コーナー進入のブレーキングでフロント荷重からグリップ力を確かめながらフロントを入れていくと思うのです。

でも、そのフロントがスパッと気持ち良く入らないんですよ。

ブレーキをかなり残して入るとインに向きやすいですが、少しでも残すブレーキが強すぎるとフロントタイヤが外に逃げていきます。
反対に残すブレーキが弱いとインにつけない感じでした。

【2本目】

今回はわざと速い人が走る時を見計らってライン取りなどを盗むのと、頑張って付いていってタイムを出そうと思いました。

そして、フロントのダンパーを柔らかくなる方向に振って張り切ってコースインしたものの、やたらタイヤが滑る…。

確かに1本目からは無理やりに早い人にくっついて走るのですからペースは一気に上がってます。
でも、そういうのを加味しても尋常じゃないぐらい滑る…。

そうこうしていると1コーナーで真っ直ぐに行きそう (逝きそう!) になってしまったので走行時間を残してピットに帰りました。

そうして車をピットに止めると左フロント側から煙がモァぁぁ…。

最初はねブレーキが引きずってブレーキパッドが焼けたと思ったんですよね。

で、色々覗いてるとFバンパー下よりオイルが ポタッ! と落ちるのが見えた。

『えっ!何!』 『何でこんなところからオイル!?』

と思った瞬間、こんな光景が目に…
f0234636_12351688.jpg

あわゎゎゎ…。
f0234636_1235349.jpg


ブローバイのキャッチタンクが満杯になって外に噴出した様子。

しかし、尋常じゃないぐらいタイヤが滑る原因が分かったとしても工具どころかウエスすら持ってない…。

3回の走行券のうち、あと一回残ってるし、まだタイムアタックも出来ていない。
このままサーキットを後にするのは何とも名残惜しい…。

そんな思いから先程のクールで僕がゆっくり走りつつ前に出てもらって追いかけるのを
あたかもストーカーのように何度か繰り返した (相手方の承認無し!) とっても速いZ33さんのピットへ。
f0234636_15592152.jpg

事情を説明して工具を借してもらいました。
こんな舐めた野郎に嫌な顔をせず貸して頂いて超感謝! 

オイル受けは空き缶でウエスはトイレのペーパータオルを代用、軍手はその辺に転がってたのを拝借。

そして作業の図。
f0234636_13505941.jpg

キャッチタンク内の乳化したオイルを抜き取ったら、タイヤに付いたオイルもペーパータオルで
ふき取りました。 (本当はブレーキクリーナーなどを使ってもっと綺麗にしたかった。) 

【3本目】

ウォームアップLAPを余計目にとってタイムアタック!



この場所でタイムは書きませんが、そこそこのタイムは出た感じですかね。
水温、油温、油圧なども問題なかったです。

実際にサーキットを走ってみないと分からなかった車の修正ポイントだったり、足回りのセッティングとか
気になる箇所が洗い出せて、やっぱりバラす前に走って正解だったと思いました。

あと工具や諸々の準備を怠ったのは反省しています。
いくらミニサーキットと言えどもサーキットはサーキット。

不徳の事態だってあるのですから、ちゃんと準備して行かないといけませんね。
[PR]
by shining69 | 2012-04-02 14:28 | 95CAMARO (4th)