ブログトップ

Shining of my life

shining69.exblog.jp

~69,95カマロとガレージハウスで送る My life~

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

前後ブレーキキャリパーのオーバーホールと塗装が完了しましたので
ブレーキキャリパーを車体に取り付ける作業へと進めます。

ただ、取り付けるといっても国産キャリパーの流用ですので簡単にはいきません。

まずは定盤の上で測定からですね。
f0234636_840472.jpg

この測定という作業が本当に面倒くさい…。

ノーマルで付いてたキャリパーのステーを参考にと思いましたが、こんなただの鉄板を
加工もせずに曲げただけのステーを計測したところで、まともな精度で無い事が判明。
f0234636_8505857.jpg

この結果からノーマルのブレーキローターとキャリパーは精度を持った平行ではないと思います。
ですので必然的にキャリパーが平行でないブレーキパットの片当たりなどは有ると思いますね。

もしかして 『そんなはずはない!』 と思われるかはしれませんが、定盤上で測定したデータには嘘や
思い込み、勘違いなど一切ありません。

なので、『だいたいこんなもの』 などの感覚的なものは一切排除してただ各部の数値だけを
拾っていきます。

測定が終われば、加工ですね。
アルミのフラットバーから削り出します。
f0234636_942425.jpg

加工しながら実際に組み付けていくのですが、ノーマルのサポートよりもかなり分厚くなって
しまったために、取り付けボルトが短くなってしまってかかりが浅くなってしまいました。

そんな時はいつも伊正産業さんにボルトを買いに行きます。
ココはマイミクのAさんに教えてもらいました。
f0234636_9391667.jpg

今まで幾度と無くこのお店を利用していますが、強度が必要なボルトの指定などをしたとしても在庫が無かった試しはありません。
困った時は、いつも本当に頼りになります。

そして取り付けですね。
各部の干渉をチェックしたり、
f0234636_913833.jpg

キャリパーのセンターに計測した通りにローターの厚みで振り分けで真ん中にきてるか?
f0234636_98589.jpg

ブレーキパッドがちゃんとブレーキローターの円周の円弧と同じ位置にきてるか?
f0234636_9113751.jpg

全てOKなら右用、左用と対象の物を製作すればフロントブレーキのサポートは製作完了です。
f0234636_9171090.jpg

これにアルマイト加工などを施せばカッコ良くなるのでしょうけど、別に売り物ではないですし
自分で使うだけなので、これでOK。

そしてリアブレーキへと続きます。
f0234636_922951.jpg

こちらはノーマルのキャリパーステーを加工して面出しをしてから流用して
それに合うようにアルミのフラットバーから削り出しました。
f0234636_9265179.jpg

こちらの方も、バランスがちゃんと良い位置にきてるのか確認をして
f0234636_928406.jpg

加工場での作業は終了。

ガレージに戻って車体に組んでみます。
フロント側
f0234636_9525059.jpg

リア側
f0234636_9535894.jpg

f0234636_10333920.jpg

うーん…。 ブレーキ周りに関しては7合目ぐらいまで来ましたかね。
フロントハブからの加工に始まり、前後R32GTRのローターの加工、キャリパーのO/Hに
キャリパーサポートの製作。

全て数値化をしていますので、仮に次に同じ事をやろうと思うと簡単に出来るのですが
なにぶん、このような事をした経験が今までに全く無くて、色んな方にお世話になり助言を
して頂き現在に至ります。

正直言って、キットパーツで買ってポン付けすれば良かったかと何度思ったことか…。

でもここまで来たら、ブレーキローターやブレーキパッドも数ある種類の中からチョイスすることが出来ます。
説明文も日本語で、実際に使ってる方の評価の情報も多いです。

あと、自分のスキルも上がりましたし色々と思い悩んだ分、何より満足感や達成感が大きい。
そして、この一連の作業をするのにあたり様々な方と繋がりが持てました。
これが一番大きくて嬉しいですかね。

なかなか思うように前に進めませんが、少しづつでも頑張って自分の理想に近づけるために
頑張りたいと思います。
[PR]
by shining69 | 2011-08-09 10:42 | 69CAMARO (1st)
前回のブログから、またまたしばらく時間が経ってしまいましたが…。
たいがい、こういう時は苦戦をしています。

理由は色々とあるのですが計算ミスで自暴自棄なんてこともあります。
でも車など人間と違って自然治癒力などない鉄の塊なのでボーっと眺めても何も始まらないので
出来る事からコツコツとやっていくしかありません。

頑張ればゴールに少しでも近づくことに変わりはないのですから。

と、いう訳でまたまた訳有りでこんなふうになっております。(爆)
f0234636_18234674.jpg

『また元に戻っちゃったじゃん!』 
なんて言われそうですが、ミッションの干渉チェックと
シフトレバーのの穴をあけた時からしたかったこと。

それはアンダーコートです。
サンドブラストなどでサビを徹底的に処理をして、ここまで綺麗にしたのですからね。
飛び石などでそこからまたすぐに傷が付いた所から錆とか嫌なものですから。

使用したアンダーコートは
f0234636_192436.jpg

3M(TM) ボデーシュッツ厚吹き 8866です。
説明書きはこうですね。
ゴムベースでノンアスベストタイプのボディアンダーコーティング剤です。
フェンダー・ボンネット・トランク内部・車体の下回りのコーティングに使用します。
乾燥が早く、コーティングされた皮膜は、防錆・防振・防音に優れ、鉄板に対する密着性も優れています。

で、この塗料を使用する為には専用のガンが必要。3M(TM) ボデーシュッツ スプレーガン 8996
マイミクのMさんに、この塗料の手配だけでなくガンもお借りしました。

僕なんかのプライベーターは1度使うか使わないかのような道具を1から新品で揃えるのは
結構な負担になるのですが、こうして貸していただければ本当にありがたいです。
Mさんありがとうございます!
絶対にこのレストアをやり遂げますからね!
暖かく見守っていてください!

では作業です。
先ほど説明した3Mのボデーシュッツを専用のガンに取り付けます。
缶とガンがコテコテなのは僕のやり方が悪くて試し吹きでガンの小さい穴から塗料が吹き出て
もうね、えらい事になった後だからです。ふふっ(笑)
f0234636_198383.jpg

その理由は缶の底の方にゴムの塊みたいなのがあって上手く混ざらなかったんですよね。
色々と試行錯誤した結果、中身を一度出して混ぜてみようと
f0234636_19162917.jpg

丁寧に攪拌するとイイ感じになったので、もとの缶に移し替えます。
f0234636_19202569.jpg

そして吹きつけ
f0234636_1923951.jpg

もともと、こういう感じなのが
f0234636_19244670.jpg

こんな感じになりました。
おいおい、純正みたいやん!
f0234636_1926544.jpg

この塗料は細かいミスト状ではないので袋になっている所でも『ブヂュブヂュー』っと
塗料が入っていきます。
f0234636_1929535.jpg

なかなか良い感じですよ♪
錆びて穴があいてたフロアもFRPで補修した跡すら今や分かりません。
f0234636_19464886.jpg

ただ、塗料が飛び散ったり跳ね返ったりを除けば最高なんですけどね…(笑)

そんなこんなで、僕も作業が終わる頃にはイイ感じに♪
f0234636_19394864.jpg

工業用石鹸でいくらこすっても塗料が落ちなくて、シンナーでそっと拭くつもりが
シンナーが目に入って死ぬかと思いましたよ。

でも、そんな泣き言は言っていられません。
リーマンプライベーターにとって盆休みなどの長期連休こそ巻き返すチャンス!
この先も頑張って作業を進めますよ。

最後に今回の作業で塗料の手配や専用ガンを貸して頂いたMさん。
去年はドラッグレースをシリーズで戦っておられ結果を出されました。
僕はドラッグレースは1度しか見に行ったことがありませんが、過去の経験から
シリーズの中で結果を出す事の難しさは僕は分かっているつもりです。

第一に家庭があり仕事があり、その上での結果。
運も有るのでしょうね。
でも運を味方付けれて結果を出せるのは1人しか居ないと思うのです。
結果こそ全ての世界ですが、プロセスが無ければ結果なんてついてくるはずがありません。
そんなMさんでも今年は1から試行錯誤されて頑張っておられます。

クッソー!って思いませんか?
僕はね、 『いったいオレは何をやっとんだぁー!』 と思いますよ!
ネットの世界などで表に出なくても頑張る方は頑張っておられます。

少し前に当ブログでエリミネーターKit 導入の話 の時に紹介させてもらったKさんのNOVAが
f0234636_20351588.jpg

youtubeにアップされていました。


コツコツ何年も掛かって仕上がったマシンの勇姿です。
アメフェスの動画もあったのですが、僕はこっちの方が好きかな。
う~ん。シビれます…。
ぶっちゃけ、男として嫉妬感すら覚えるほどカッコイイです。

僕も頑張らないとね…。

あと、一度自分がドラッグレースに関して思っている事を素直に書きたいと思っていたので
少し語ってみたいと思います。
あくまで僕の主観ですし1度もレースも出たこともありません。
もしかして偉そうに聞こえるかもしれません。

なので、もし不快な思いを読んだ方がされたら先に謝っておきます、ゴメンなさい。

僕は自分のカマロをサーキットで周回を走れるような車作りを目指していますが
ドラッグレースも好きです。

時々、あんまり分かってない方が 『ドラッグって直線だけでしょ』 なんて言う話を聞きます。
僕の友人には、こういうバカは居ませんが、他人がこんなバカ話をしているのは実際に聞いたことがあります。

まぁ、そういうのは放っといて、話を進めますね。

この動画で注目すべき所は車の姿勢とエンジンの音です。
もし時間が有ればもう一度動画を見てみて下さい。

車が右に左に振っているということを動画で分かるという事はハンドルは相当な舵角ではないでしょうか?
しかしエンジンの音は途切れません。
それは何故でしょうか?
ドラッグレースは全力を出すレースだからです。
言わばミスが出来ないレースだからです。

周回ならちょっと突っ込みすぎて アヘアヘ ってなっても挽回するチャンスはあるでしょう。
スタートしてすぐに思いの他タイヤが喰わなくて オットット となっても修正してタイヤに熱が
入るまで我慢もあると思います。

でもドラッグではミスが出来ません。

で、もう一度 『ドラッグって直線だけでしょ』 と言えますでしょうか?

真っ直ぐに走ることすら難しいマシンでアクセルを抜かずに走れますか?
だだっ広い飛行場で走るわけではなくコースには横に壁もあるのですよ。

僕だったら無理なような気がします。
あっ、でも僕も車が仕上がったら1回はチャレンジしますよ!
エンジンはノーマルですがフロントは無理でも、リヤは15inchを入れれるように考えているんですー(笑)

自分の車が何秒で走れるかを知れるだけでも良いのです。
何も知らないで不安でも、親切に教えてくれる方がいっぱい居ますし、ちゃんとしたProShopさんもありますよ。

でも、それでも1人では不安だという方でしたら僕と一緒にデビューもよろしいかと。
いつになるかは分かりませんが…(笑)

公式タイムで自分の車のタイムを知りたいと思いません?
せっかくのを愛車を1年に1度くらいは全力疾走してみては如何でしょうか?
もしかしたら、貴方にとって新しい世界がそこにあるのかもしれません。

では明日から失敗した修復作業に取り掛かります…。 トホホ…。
[PR]
by shining69 | 2011-08-05 22:43 | 69CAMARO (1st)