ブログトップ

Shining of my life

shining69.exblog.jp

~69,95カマロとガレージハウスで送る My life~

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年の初め。健康など全く無関心で生きてきましたが、健康診断の結果がもうギリギリのラインまで
悪くなってしまい危機感を覚え始めたダイエット。

通勤を自転車通勤にして加圧トレーニングスタジオ三河のオーナーでもある岡本氏の指導を受け
現在は当時から別に食事制限もせず(過食はしませんが)お酒も飲んでマイナス8Kg減で安定しています。
今は体重を減らそうとするならまだまだ減らせますが、体重は減らさないで体脂肪を減らすようにシフトしています。

最初は毎日往復25Kmの自転車通勤もキツかったですが、以前よりも体力がついてきたのか
だいぶ楽になりましたよ。

そうなると今度は自転車に乗ることも楽しくなり、岡本氏に香嵐渓まで70Kmのロングライドに連れて行ってもらっって楽しんだり。
f0234636_15201991.jpg


じゃぁ次は何ということで前からやってみたかった"トライアスロン"にチャレンジしてみたいって思うようになってきたんですね。

何でも思い立ったらスグにやってみたくなる性格なので迷わず岡本氏に相談。
すると

『初心者クラスに一緒にエントリーをしてスタートラインまではサポートしますよ!』

との事。

彼は "ホノルルトライアスロン"にも参加するぐらいなので超初心者の僕としましては非常に心強い。

エントリーから当日の受付やゼッケンの貼り付けやコースの説明など教えてもらいました。

バイクや車のレースなら多少の事は分かりますが、トライアスロンの大会なんて分からない事すら分からない状態。
どんなのか何も想像もつきません。

だってそんな大会など見に行った事すらなかったのですから…。

全ての事が初めてづくしなので会場で一緒に付いて行動してもらえ一から十までサポートして頂きました。

そして当日。
レッドブルのエナジードリンクなんか飲んじゃって行きの車中からノリノリ♪のワタシ。

f0234636_1444216.jpg
知らないって凄い事です。

もう駐車場から記念写真など撮っています。
f0234636_15521992.jpg

で、一通りの準備が終わったら受け付けへ
受付で渡されるゼッケンやスイムの帽子、プログラムなどを確認。

すると 『えっ!』 『コレ何?!』
f0234636_152283.jpg

"トライアスロン アジアカップ 蒲郡大会"…

僕がエントリーしたのは "蒲郡オンジトライアスロン大会"
市民マラソンの延長みたいなものといもっておりましたが…。
そう同日開催で色んな大会や選手権が開催されるのですね。

このあたりから少しづつビビリモードになってきました。

そして、受付でエントリーを済まし仕度をしたら会場に自転車を持って行きます。
f0234636_1502454.jpg

そして自転車(以降バイク)はトランジションへ
f0234636_1534239.jpg

ここでスイムが終わってバイクに乗り換える時の靴やタオルなど準備をしておきます。
周りはこんな感じでしたね。
f0234636_157819.jpg

f0234636_1581920.jpg


準備が済み会場をウロウロ

『ちょっと自分には無謀だったかな?』
なんて、不安がよぎりヤッちゃった感満載で海を見て黄昏るワタシ…。
f0234636_15121084.jpg

あっ、僕は車のイベントなどに関わらず、自分の大事なイベントにはtryarts さんデザインの
マッスルカーナショナルズTシャツが非常に気に入っているので、夫婦でいつでも何処でも着ていきますよ。

そうこうしているうちに海にライフセーバーの人たちも集まってきて
f0234636_15335132.jpg

中部地方ではお馴染みの天気予報士の山田さんが司会で競技がスタートです。
f0234636_17334915.jpg

クラス分けやグループが細分化されていて一斉にスタートする訳ではないので
刻々と迫り来る自分のスタート時間がとても嫌でした。
岡本氏と写真を撮ったりして気持ちを落ち着けようとしますが…。
f0234636_1539974.jpg

落ち着くわけ無いですよね。

で、自分のスタート時間。
海に浮かんでスタートの合図を待ちます。(立ち漕ぎで疲れるなんて考えは論外です)
f0234636_15452711.jpg

そしてスタート
f0234636_15465357.jpg

何とかついていこうとしますが(赤矢印が僕です)
f0234636_15511048.jpg

スイムをナメてて、岡本氏から練習しなさいと言われていたのにサボっていたワタシは
折り返し地点ですでにバテて 『海の藻屑』 状態に…
f0234636_1634935.jpg

この折り返しからのキツさっていったらね。
何回も諦めてライフセーバーさんのお世話になろうと思いましたよ。
もう最後は意地しかなかったです。

後ろから数えた方が早いぐらいでスイムは終わりバイクがあるトランジションまで走ります。
写真は嫁が撮ってくれていたのですが、デジカメで写真をチェックしていた時、

『間違えてどこのジジイ撮ってんねん!』と怒ったら
『腕の番号を見てみなよ!(超怒!)』
f0234636_17304394.jpg

あっ、よく見ると疲れきった僕でした。(苦笑)

次はバイクです。バイクはある程度自信があったので楽しみにしていました。
トランジションでウエットスーツから着替えて
f0234636_1624270.jpg

出発するも1Kmも走らないうちに片足が痙攣してきました。
1度止まって降りて屈伸などしても今度は両足…。
いつも通勤では30Km/hぐらいでは余裕で走れるのに20Km/hちょいぐらいしか出せません。
激痛と闘いながらもなんとかバイクを終わらせて
f0234636_16321285.jpg

そしてランへ
f0234636_16355748.jpg

本当は足が痛くて痛くてたまらなくてね、バイクが終わったらリタイヤしたかったんですよ。
でも沿道の方が 『頑張って!』とか言ってくれるのでリタイヤしたくても走ってしまいます。

そんなこんなで感動のゴール!
f0234636_16412846.jpg


全てがドタバタでしたが、この時の達成感は感慨深いものがありました。

そして早々にゴールをして待っていてくれた岡本氏と記念撮影
f0234636_1646611.jpg

本当に彼が居たからこそ出来たこのチャレンジ。
感謝しても、しきれないぐらいに感謝しています。

この後名古屋に戻ってきて岡本氏も含めアメ車仲間と『おつかれさま会』
基本、何でも飲み会につなげようとしますね。(笑)
ちなみにこの居酒屋のトマトチューハイが大好きでまとめて頼んでガブ飲みするのが僕らのスタイルです。
f0234636_16592218.jpg

それから自宅で2次会
f0234636_1713877.jpg

本当に充実した1日でした。
1年365日、自分の身体と真正面から向き合える1日があっても良いのかなと思います。

この歳になって初体験なんかは、なかなか無いですよね。
でも、少し勇気を出して新たなドアをノックしてみたら、日々当たり前に見ている景色も
違って見えるようになるかもしれません。

もしこの記事を読まれて自分もトライアスロンをやってみたいが周りにやってる人が居ないという方は加圧トレーニングスタジオ三河の岡本氏に相談されては如何でしょう。

親身になって相談にのってくれますよ。

僕も来年は、もっとしっかりとトレーニングをしてクラスも上げてチャレンジするつもりです。
[PR]
by shining69 | 2011-06-27 17:52 | Garage house
現状はTH350のミッションメンバーをボディとの干渉チェックの時に強引にサブフレームに取り付けていました。
f0234636_915277.jpg

もちろんこのままではダメなので、どうしようかと思っていました。
アメリカのサイトなどで見てみると、こんなのや
f0234636_922591.jpg

こんなのがありましたね。
f0234636_9253352.jpg

特にノウハウなど有りそうもなく、ただの鉄パイプとブラケットを溶接してあるようです。
金額は$200~$300ぐらいだったかな?
で、これに送料。この送料がこういうパーツは、そこそこしますよね。
ただの鉄パイプに毛は生えたような物なのに…

そういうことで自分で作ることにしました。
ひとまず材料を用意してフレームに取り付ける部分(左のアングル)は
ボディとサブフレームに合わせて加工を済ませておきました。
実際に取り付けるサブフレームから寸法取りをしているので完璧ボルトオンです。(笑)

まずはアングルにパイプを仮付けしていきます。
f0234636_9515446.jpg

仮付けといっても溶接をすることにに変わりはありませんので必ず火を入れたほうに
引っ張られますので引っ張られる量を予測しながら直角を出します。
f0234636_103840.jpg

僕はどんなパーツでも直角は直角、平行は平行、円は円はちゃんとしてないと気持ちが悪いので
結構、こういうどうでもいいような事で拘ったりします。

そして一度取り付けて寸法を測って確認して、また仮付けをしてたら嫁さんの妹が差し入れを持って
見に来てくれたのでしばし歓談。
f0234636_10141626.jpg

片側のパイプを2本にしたのは、僕のカマロのヘダースは69カマロ用でなくて4thカマロ用なので
出口がフロアーに近いのです。
なので市販品のように太いパイプを使うと干渉しますし、それを避けようとするとマフラーを
ミッションメンバーとの干渉対策だけで曲げないといけなくなります。
ミッションメンバーの強度を考えつつ、マフラーをスムーズに引きたい。
そんな思いも自分でミッションメンバーを作ろうと思うキッカケでした。

そして仮付け完了。
f0234636_10255676.jpg

これで寸法もキッチリとあったので、要らない角などを切断したりパイプの根本にリブを入れたりして
完成になります。
[PR]
by shining69 | 2011-06-21 11:50 | 69CAMARO (1st)
前回、Rサスペンションのコイルオーバー化の仮組みをしたのですが
設計段階にサスペンション周りなんで強度的に頑丈にしたくて9mm厚の鉄板をメインに製作しました。
でもちょっと重いかな。
今度はブラケット類などの軽量化をしようと思います。
f0234636_19125627.jpg

でも、思いのほか寸法取りや設計、部品製作が上手くいき機嫌が良いです。
何回も構想を練り、サスの動きを脳内で妄想をし、図面を引いて、部品を製作して形にしたんですよ。

あくまでフィギアでなく車なんで走ってなんぼなのでしょうけど、上手くボディに組めた時は
本当にご満悦といいますか、思わずニヤーっとしてしまいます。

失敗が続いて苦しい時もありますが、たまには良い事もあります。
こういうのが自分でゴソゴソやる醍醐味なんでしょうかねぇ。

で、少し落ち着いたらまた次です。
カマロのステアリングギアBOXは ボールナット 式なのですが、こういう記述があります。

【パワーステアリングが普及する以前はボールベアリングによる操作力軽減効果が大きかった為、多数の車種でボール・ナットが採用されたが、反面ダイレクトな操作感が得られにくいというデメリットもあり、スポーツ車種を中心にラック・アンド・ピニオンが徐々に普及していき、パワーステアリングの普及と共にラック・アンド・ピニオンに取って代わられることとなった。】

【部品が多く構造が複雑ですが、車輪からの衝撃を吸収しやすく、ハンドルが軽い、耐久性が良いという利点があり、トラックやバス、乗り心地のよい大型乗用車に採用されています。】

要は耐久性や軽さは良いけれどダイレクト感に乏しいということです。

ボールナットでもギア比の変更などもできますが自分は電動パワステ化にもしたいので、迷わず
ラック&ピニオン化にすることにしました。

69カマロ用でも色んなメーカーから出ており選定に悩みましたが、(ボルトオン、ウェルドオン、取り付け位置の違い)など色々あります。

ヘダースとの干渉なども要注意項目がありましてインターネットを徘徊する日々が続き…
そして決定したのが Unisteer のラック&ピニオン
一応、ボルトオンとありますが、あまり信用はせずに発注。

そして届いたものがコレ ↓
f0234636_2045844.jpg

まずはロアアーム後ろ側のボルトを付属のボルトに交換します。
f0234636_2091746.jpg

交換ができたら本体をあてがい
f0234636_20112467.jpg

ボルトを締めます。何気にOK。
元々、すんなり取り付くなんて思っていなかったので喜んでいたのも束の間…。

オイルパンに干渉してやがる…。 ダー!。
f0234636_20155483.jpg

今更何だよ。エンジンマウントから何から新品にしてるし今から何にも出来ねぇじゃん!
だいだい干渉してる所を叩いて凹ますなんて、 『やっつけ』 のような事したくなかったのに…。

もうね、ふて腐れてこの日は作業をやめて酒を飲みました。
いや、飲まれました。

次の日、冷静になって体育座りしながらオイルパンを見上げていくら考えてみたところで
どうしようもありません。
ウダウダ言ってても仕方ないのでまた本体を取り外しオイルパンを凹ましました。
f0234636_20185734.jpg

そしてまた本体を取り付けてと、必要最小限にしたかったので細かく何回か繰り返したでしょうか。
塗装もして、こんな感じになりました。
f0234636_20222174.jpg

後はユニバーサルジョイントですね。
f0234636_203213.jpg

もともとボールナットのギアボックスが取り付いていたあとにピロボールB/Kを取り付けて
これを組み合わせていきます。
f0234636_20374770.jpg

心配していたヘダースとの干渉もOKでした。
(写真では当たっているように見えますが大丈夫です。)
f0234636_20395551.jpg

あとはステアリングポストとの連結ですが、この部分はしばらく放置します。

他の部分で今メチャメチャ悩んでましてね…。
悩みが尽きることは無いのですかね?

また追い追い、この悩みについては記事にしていきたいと思います。

9月のラグーナのマッスルカーナショナルズには押してでも転がるようにするつもりですよ。
[PR]
by shining69 | 2011-06-10 21:03 | 69CAMARO (1st)
最近、知り合いに 『ブログ更新してないじゃん』 とか言われたり、『もう嫌になっちゃった?』と、心配して友人が家まで見に来てくれたり…。

特に理由があった訳でなく、ただ悩んでおりました。

カマロはリーフスプリング、要は板バネですね。
この板バネの数を増したり減らしたり、もしくは社外品に交換するか。

シェベルやエルカミは最初からコイルスプリングなのにね。

くそぉ!何だか面白くないなーって感じだし、何しろ硬さや車高を簡単に調整出来ないのが嫌なのです。
4リンク、5リンク化というのも考えたのですが人によって評価はまちまち

『リーフスプリングのままでは嫌だ』
『もしかして値段に見合わない物をアメリカから取り寄せる根性は無い』


じゃあどうすんだよ!てな感じでモジモジとしていた訳です。
常に頭の片隅にカマロのRサス周りがあってあーでもない、こーでもないと妄想にふける日々…

で、最終的にリーフスプリングをサスペンションアームの代わりにさせてコイルオーバー化にしてみようと
思いました。

実績なんてありません。
実際に走ってみないと結果も分かりません。

でも1ヶ月以上、自分で悩んで出した結果なんでダメならダメで納得は出来ます。

方向性が決まれば後は各部の寸法取りや材料の手配、取り付けるショックアブソーバーやスプリングの選定です。

まずショックアブソーバーはオーリンズのDFVにしました。
オーバーホールや仕様変更も出来るのが良いですね。
もちろん69カマロのコイルオーバー化用などと、おバカな企画に付き合ってくれる訳でもなく
どの車種用が流用しやすいのか?と色々調べまくりました。
結論はR34GTR用の物を購入。

僕のカマロのフロント側はQA1のプリロード調整式
f0234636_1043917.jpg

一般的に 『車高調』 と呼ばれていますが、プリロードを調整すると結果、車高が変化するのであって、見栄えの車高を調整するためにプリロードを調整するものではありません。

なので車高の前後のバランスを調整するためには、リア側にはフルタップ式のアブソーバーがどうしても欲しかったのです。
スプリングは長さ、硬さのラインナップが豊富なSwiftのスプリングにしました。
もっと硬いのが良いのか柔らかいのが良いのか走ってみないと分からないので後でバネレートや自由長など融通が効きやすいのがこのメーカーのスプリングに決めた理由です。
とりあえず自分の妄想計算(笑)でバネレートを決定しました。

まずショックアブソーバを単体で購入したのでピロアッパーにショックのロッド径が合うようにカラーを旋盤で
f0234636_10234754.jpg

製作しました。
f0234636_10261471.jpg


下側の取り付け部もピロ化にしたかったのでミネベアのロッドエンドで選定。
f0234636_10324885.jpg

コレをオーリンズのショックに合うように
f0234636_10295774.jpg

加工します。
f0234636_10342417.jpg

取り付けるボルトやカラーなども製作します。
f0234636_1162770.jpg

f0234636_1153257.jpg

細かいかもしれませんが、必要以上に長いボルトを使用したり、間に合わせでワッシャーを何枚も重ねたりするのは1番嫌いです。
で、出来たら仮組み。
f0234636_11121982.jpg
f0234636_11124181.jpg

イイ感じです。

車両側に取り付ける際に必要なブラケット類なども加工が必要なものは溶接して組む前に加工しておきました。
f0234636_21105214.jpg

そして自分が設計した通り溶接をして、この部品を形にしていきます。
f0234636_21132176.jpg

そして出来上がった部品たち。
f0234636_21145660.jpg

部品が出来上がったら話は早いです。
ひとまず仮組みをしていきます。
f0234636_21235738.jpg


こんなナットですがコレも製作しました。
f0234636_21252622.jpg

たかがナットですがもしかしたら、このスリーブナットが僕が一番こだわった部分かもしれません。
この説明は、また次の機会に。

そしてアッパーマウントの取り付け部の補強の為に角パイプで左右のフレームを繋ぎます。
f0234636_21284366.jpg


で、残りの部品を仮組みしてこんな感じですかね。
f0234636_21315627.jpg


あくまで仮組みですが設計の間違いも無くイイ感じですよ。
あとはもっと見栄えがするように細かい所を修正して本組みに移っていきます。

それから昨日は鈴鹿SCNでしたね。
去年はこんなふうに参加していて
f0234636_22142551.jpg

このあとからカマロをバラしだして早1年。
早く完成させたい気持ちもありますが、やりたい事ももどんどん増えていき今に至ります。

来年はどうなってるのでしょうか?
僕にも分かりません。(笑)
[PR]
by shining69 | 2011-06-06 22:02 | 69CAMARO (1st)