ブログトップ

Shining of my life

shining69.exblog.jp

~69,95カマロとガレージハウスで送る My life~

すっかり放置状態になってしまっていたこのブログ

しばらくぶりに開いてみると10万アクセスオーバーになっていました。

車に関しては素人が悪戦苦闘、紆余曲折の嵐でなかなかその失敗を糧に出来ないということで
『人の不幸は蜜の味』 的にはそれなりに楽しんでもらえる内容になっているのが良いのでしょうか?(苦笑)

さて本題ですが6月1日(日)に去年と同様に 2014 IKURA's AMERICAN FESTIVAL のRoad RaceのカテゴリーSCAJ さん主催のレースに参戦してきましたよ。

去年は地元で綿密なテストもこなし、自走で前日には沼津に入り観光&宿泊そして当日FSW入りという
まるで余裕を絵に描いたような半ば小旅行気分で臨んだ訳ですが、結果は…

練習走行1周目にて激しい異音の末エンジン不動、コース上にSTOPした為に赤旗中断の原因になり同じクラスの方々や友人達に迷惑を掛けしてしまいました…
f0234636_922433.jpg


そして結果はエンジンブロー…にてリタイヤ…
f0234636_925505.jpg

f0234636_9263044.jpg


再利用できるパーツは殆んど無く余ってるパーツや貰ってきた寄せ集めのパーツでエンジンを組んで再調整
で、何とか走れるまでは修復したのです。

その後に4thカマロのラストランとしてこの95カマロはお蔵入りさせて69カマロのレストアにするはずが
車とは全く関係ない方の夢が叶いそうということでそっちに専念していました。

そしてそちらの方は完璧と言えるぐらい自分達の望みが叶い、やっと落ち着いたのが先月ぐらい。
そこから69カマロは間に合うはずも無くまた95カマロを引っ張り出してきてエントリーをしたと言うのが今までの経緯です。

facebookで繋がりがある方々は分かって頂いてたのですが色々イベントに行くと 『どうしたの?』 ってよく言われるので一応説明してみました。

なので何かとトラブっていたとか凹んでいたとかそういったことではありません。
むしろ前よりパワーアップしていてモチベーションもグングン上昇していますよ!

そんなこんなでレースのほうですが僕が走るのはModern Americanクラスといって当日行われる5つのクラス分けのうちタイム的にも最速クラスなので去年と同じスペックじゃぁキツイと思い今回は軽量化に重点をおいて準備してみました。

まずはバッテリーを軽量のドライバッテリーにしました
ノーマル14.8K、今までつけていたODYSSEYのバッテリーが12.0K
そして今回超軽量に6.6Kのドライバッテリーにしました。
f0234636_10282932.jpg

あと4thカマロの後期型からは改善されているようですが、僕の前期型カマロはガソリンを3/4以上入れていないとサーキットのタイトなコーナーではガソリンが片寄ってしまい息つき現象が出たり出なかったり。
これをコレクタータンクとフューエルポンプを増設してメインタンクのガソリンの搭載料を減らして軽量化をしました。
f0234636_10413172.jpg

これで今回タンクに30Lでも全く問題なかったのでノーマル58L-30L=28L
ガソリンの比重を0.8として28L×0.8=22.4Kg
あとバッテリーが12.0Kg-6.6Kg=5.4Kg
両方で今回27.8Kgの軽量化を果たしました。
取り付けに至っては燃料ポンプ自体のマウント以外はバッテリーも含めてワンオフにて自作
特にポンプのボディ側のマウントはビービーうるさいのが嫌だったのでゴムマウントにして振動をほぼシャットアウトしました。
結果、変な振動音も無くポンプの作動音のみで静かで満足しています。

他にはリアブレーキの修理 (同じ車から外したとは到底思えないブレーキバッドの残量を見てため息…)
f0234636_11364265.jpg

デフも何かおかしいからO/Hしようと思ってバラしてみると…
色んな物がひっくり返ってたり…
f0234636_11401515.jpg

ちぎれていたり…
f0234636_1139129.jpg

とりあえず部品も揃えてあったのでサクっと修理をして

当日の練習走行へと
f0234636_11174359.jpg

去年のようにこの場所での練習走行や他のサーキットでのテスト走行は今回してないけど何か今回は手応えがありました。
facebookではこのカマロの本来のパフォーマンスを見せれると事前に書いたぐらいです。

で、実際に走ってどうだったか?デフが生き返ったのか今回新調したタイヤのせいなのかオーバーステアがキツかったです。
他、走行には全く問題無かったけど8ヶ月ぶりにファミリーカーから乗り換えてのぶっつけは人間が乗れてなかったですね。
タイム的にも5番手ぐらいでした。
f0234636_11202352.jpg


予選はオーバーステア対策としてフロントの車高を6ミリ上げてチャレンジ。
これが功を奏し予選3番手以降4台は1秒以内ぐらいの中の予選3番手をゲット!

そして決勝!
ウォーミングLAPが無いということでグリッドに着くまでにタイヤを温めるのとスタート後120%で走れるように気持ちを高ぶらせることを念頭においてコースイン。

去年、皆が楽しんでる最中にブローしたカマロを連れて帰らないといけなかったこと。
その後、何もかも嫌になってエンジンを組み直す作業のモチベーションが上がらず凄く苦労したこと。

そんな色んなことを含めた感慨深いレースになりました。



結果、動画のとおりちゃんと完走できましたよ。
チェッカーのとき仲間たちが大きく手を振ってくれていて凄く嬉しかった!

去年一番早くエントリーをして一番早くサーキットを後にしたとしばらく評判になった 『First Bird』 賞と
今年の 『The Third』 賞、色んな意味で良い思い出になりましたが…
f0234636_13363385.jpg


満足はしていません。
自分なりにまだまだ出来ることはたくさんあると思うし、表彰台で公言したとおり来年は必ずHistoric American Aクラスに攻め込むつもりです。

そんなこんなで今年の僕のSCAJ ロードレースは終わりました。

来年はどんなドラマが待っているのでしょうか?
楽しみです。
f0234636_104033100.jpg

[PR]
# by shining69 | 2014-06-06 14:08 | 95CAMARO (4th)